魔法のフライパンブログ

錦見鋳造株式会社

お月見

こんにちは、今日はお月見の日ですね。中秋の名月です。
月に秋の収穫物をお供えし、恵みを感謝する行事です。

お月見団子が食べたいなー、なんて考えていたら。
今日の宅配のお弁当にこんなの付いてました。
お団子
パラララッパパーン♪
お月見団子!!ウキャ♪

なんて喜んでましたが、私は弁当持参なので、この宅配弁当を頼んでいません。
なので自動的に私の分はありません…。無駄に喜んでしまいました。

ちなみに今日は、寝坊しました。
家を出る5分前に起きました。
なので、今日はお弁当を作っている暇なんざ1秒もなく、
身支度を10分で終わらせ家を出ました。とりあえず遅刻は免れました。

しかしながら寝坊したときの、あのスピードにパワーはどこから出るのでしょう。
あのパワーを、何か違うことに発揮できないものか、
寝坊するたび思います。ま、思うだけですが。

と、お月見からだいぶと話がそれてます。

たまにはこんなくだらない、フライパンとは無関係な話も挟んでいきますので、
嫌がらずにお付き合いください。よろしくお願いします。

さ。話はスラッともどって
今夜はきれいなお月さまが、見られるといいですね。
曇って見れなかった時には、魔法のフライパンで目玉焼きを焼いて、
お月さんの変わりに、目玉焼きでお月見しちゃいましょう。ナンテネ


事務所から見た、今日の空です。
空
ささ!今日も一日がんばるぞー!!おー!

(さらに…)

ムッシュとマダム

皆さんこんにちは。
ようやっと、涼しくなり秋の気配がしてきました。
スポーツの秋 読書の秋 実りの秋ですよね!
秋の実りの事を考えると、ヨダレが自動的に滴りおちるお口の持ち主です。

さて、今回はフライパンでホットサンドを作ってみました。
休日のゆっくりゆったりブランチに「クロックムッシュ」などいかがでしょうか?
おフランス発祥らしいです。小洒落てます。いかしてます。タブン・・・

で、材料です。
一人分
パン(6枚切り1枚)
チーズ(スライスチーズ2枚)
ハム(スライスハム2・3枚)
バターもしくはマーガリン
以上です。

では、作り方です。
パンは、具をサンドするので、2枚に切ります。
パン→チーズ→ハム→チーズ→パンの順ではさみます。
パンの外側の面にバターを塗っておきます。
次に、フライパンを温めておきます。この時油は使いません。

フライパンが温まったら、弱火で焼きます。
チーズをトローとさせたいので、蓋をして蒸し焼きにします。
焼き色が付いたら、ひっくり返して反対側も焼き色をつけます。
ムッシュ焼目
こんな感じです。いい感じの焼き色(自己満)

で、反対側の焼き目が付いたら完成です!!

出来上がりの断面です。
ムッシュ断面2
はい、どーん。
とろけないチーズを使ったので、チーズのとろとろ具合がわかりにくいですねー。いけてないですねー。
次作ることがあれば、とろけるスライスチーズを使いたいと思います。(次があるのかしら…)

で、ですね。
これに、目玉焼きをのせますと、クロックマダームになります。
マダム
どすこーい!
やだー!!焦がしちゃった…。というときに、目玉焼きをのっけちゃいましょう。
目玉焼きで、目隠しです。

さて、魔法のフライパンが使用されているこちらのレシピ本

ケンタロウのすごくシンプルなごはん (GAKKEN HIT MOOK)ケンタロウのすごくシンプルなごはん (GAKKEN HIT MOOK)
(2008/04)
ケンタロウ

商品詳細を見る
今回こちらのレシピを参考にさせていただきました。
この本では、魔法のフライパンがおっしゃれーに登場いたします。
レシピもシンプルで簡単なお料理がたっくさん載っています。

では、これにて失礼!
「Au revoir」(オ・ルヴォワール)= さよなら


ホームページ
http://www.nisikimi.co.jp/main.html

(さらに…)

魔法のフライパンとは何ぞや

皆さんこんにちは。
今回は、魔法のフライパンてどんなフライパン?
てなことで、魔法のフライパンをまだご存知でない方に、
魔法のフライパンの特徴を簡単にご説明いたします。


①熱を逃がさない!
 熱伝導効率がよいので、短時間でフライパンが温まり、
 短時間で食材の中心に熱を通すことができるので、
 エネルギーの節約になります。
 また、フライパン内の炭で遠赤外線効果があり、料理がおいしくできます。


②一体型で丈夫!
 取っ手と本体が一体成形で、ネジやリベットなどの壊れやすい所がなく、
 取っ手も調理終了まで熱くならず、素手でも扱えます。
 また、強さの秘密は裏面のリブ。
 薄くて軽い鋳物に、リブを付ける事でゆがみを最小限に抑え、
 すべての電磁調理器に対応します。

③焦げ付きにくい!
 使えば使うほど炭と哲の隙間に油がなじみ、焦げ付きにくくなります。
 また、焼き目がきれいに均等に付くので、食材の旨味を逃しません。

26cmフライパン 3フライパン裏面写真 3



と、以上が魔法のフライパンの特徴になります。
この説明で、魔法のフライパンの良さをわかって頂けましたでしょうか。

  
さてここで、魔法のフライパンを使い始めて、まだ2ヶ月ほどの新人からの長めな独り言。

 今まで、テフロンのフライパンを使っていて、鉄のフライパンを使うのは初めてだったので
 魔法のフライパンを使い始めの頃に、(つっても、まだ2ヶ月ほど・・・)
 油の量が少なすぎたことと、熱の伝わりが早いのに、
 火加減を気にせず、ポッケー・・・としていたら、(て、危ないよ・・・自分)
 あっちゅー間に焦がしたのは事実です。(当たり前)
  
 油の量と、火加減は大事だー!!
 という事を、今更ですが勉強いたしました。(遅すぎ・・・)

 ちなみに、焦がしたフライパンは、焦がした箇所をナイロンたわしで
 ゴシゴシ落として、再度油慣らしをしました。
 
 今では、焦げ付くことなく良い感じで油もなじんできております。


詳しくは、ホームページでご覧いただけます。
また、ご注文もこちらから http://www.nisikimi.co.jp/index.html

(さらに…)

魔法のフライパンです。

皆様初めまして、魔法のフライパンです。
本日よりブログを開始いたします。

魔法のフライパンに関する、あんな事やこんな事。
魔法のフライパンを使った、お料理やレシピの紹介。
魔法のフライパンには、まったく関係のない無駄話など。

入社したての新人が、日々フライパンと格闘しながら、
ブログの更新をいたします。

新人といっても、ピチキャピはしておらず、
どちらかといえば、料理を作るよりも、
若作りに必死なお年頃の新人です。

皆様よろしくお願いいたします。

131 / 131« 先頭...127128129130131

下記のランキングに参加しています。
よろしければクリックしてください♪

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
  • レシピブログのランキングに参加中