魔法のフライパンブログ

錦見鋳造株式会社

大人のナポリタン風どんぶり🍚


私のオリジナルレシピ丼ぶりへん


 



 

 

 

『大人のナポリタン風どんぶり』を作ってみました。


風変わりな丼物です。

誰もが好きなナポリタンをほんのりしょうがの香をつけてどんぶりにしました。

どうぞお試しください。


 

【材料2人分】

豚肩ロース肉      2枚

玉ねぎ         1個

ピーマン        2個

エリンギ        2本

塩 コショウ      適量

 

[合わせ調味料]

ケチャップ       大さじ4

ウスターソース     小さじ1

酒           大さじ1

 

[卵液]

卵           4個

だし汁         適量

ブイヨン顆粒      適量

 

材料をそろえます。

 



下ごしらえをします。


 

玉ねぎはざく切り、ピーマンは4等分にしてから乱切りにします。

エリンギは半分に切って長さも半分に切って5mm厚ぐらいに切ります。

しょうがは千切りにしてください。

肉は一口大にして塩コショウします。

だし汁とコンソメ顆粒も用意しました。これはお好みで (^^♪

 

 

 


        画像は1人分になっています。



さあ作りましょう。


今回は1人分づつ作りました。

 

魔法のフライパンを弱火で温め、煙が出るぐらいになったら

サラダ油を適量入れて火を止め、ちょっと時間おいたら火をつけます。。

弱火にして、調理していきます。

 

 



 

しょうがを入れて香りが出たらすぐ肉を入れます。

肉の片面焼けましたら、玉ねぎピーマンをいっしょに炒めます。

 



 

エリンギも入れて塩コショウして炒めます。

 

 



 

全体に火が通ったら、合わせた調味料を入れてからめます。

 

 

次に卵を焼いていきます。


ボールに卵を割って塩コショウして


だし汁大さじ2とブイヨン顆粒小さじ4分の1を入れました。


これはお好みでいいと思います。


だし汁を入れたのは、たまごが冷めてもふわとろしたかったからです。


 

フライパンがもう一つあれば隣のバーナーで温めておくと早いですね。


 

 



 

魔法のフライパンを弱火で温め、煙が出るぐらいになったら


 サラダ油大さじ1をフライパンに入れて火を止め、


ちょっと時間おいたら火をつけます。


弱火にして卵液を流し入れましょう。


ふちを寄せて液を広げてどんぶりにハマる大きさにまとめます。


半熟ぐらいになったら火を止めて、先のナポリタン風の具をのせます。


 

 



 

後はご飯をよそったどんぶりにフライ返しを使ってするするっと滑らせて完成です。


 

 



 


これは間違いない美味しさ(⋈>◡<)。✧♡



ウスターソースをとんかつソースにするともっとパンチがでますよ✧♡


 

 

 

現在納品までは約12ヶ月(1年)となります。

現在ご注文が非常に立て込んでおり、

魔法のフライパン・北京鍋の納期は約12ヶ月(1年)となっております。

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承ください。

里芋とじゃがいものフリコ帆立のバルサミコソース


私が思うオリジナルレシピ第2段!


 



 


『里芋とじゃがいものフリコ、帆立のバルサミコソース』考えました。


 

イタリアではじゃがいもを使ったチーズ風味のお団子


よく食べられてますよね。


どちらのお芋を好んでいただけるか、


食べ比べてみて下さい。


 

【材料2人分】

帆立の貝柱(刺身用)        4個

里芋             100g

じゃがいも        100g

パルメザン(粉チーズ)     30g

インゲン          6本

エリンギ          1個

バター           10g

薬味ネギ          適量

【バルサミコソース】

バルサミコ酢       大さじ1

しょうゆ         小さじ1

砂糖           小さじ1

塩             適量

コショウ          適量

 

 

 

野菜の下ごしらえをします。

 

インゲンは洗って端を切り落として半分にします。

エリンギは汚れをふき取り5mmの厚みに切ります。

 



 

里芋とじゃがいもを洗って、皮付きのまま半分に切って、

耐熱容器に並べラップをしてレンジで7~8分チンします。

帆立の貝柱は塩、コショウします。

 



 

皮をむいて分量の里芋とじゃがいもをそれぞれボールに入れてホークでほぐします。

お芋が温かいうちに分量のパルメザンチーズを半量づつ混ぜ合わせて、

それぞれをまとめたら、お団子を2個づつ作ります。

 



 

この時注意して頂くのは、里芋の団子はねるねるのではなく


ざっくりざっくり混ぜてください。


でんぷん質の粘りが出てしまいもちもちしてしまいます。





丸めたお団子を平たくして成形します。


 



 

そのお団子全体にパルメザンチーズをまぶし、余分なチーズは落としておきます。


 



 

フライパンに水をはり、塩を適量入れてインゲンを軽く下茹でします。



魔法のフライパンを弱火で温め、煙が出るぐらいになったら


オリーブオイル適量入れて火を止め、ちょっと時間おいたら火をつけます。


弱火にして、バターを入れてエリンギを炒め、次にインゲンを入れて軽く炒めて


塩、コショウします。


 

 

さあ準備が整いました。


 

帆立の貝柱とお団子たちを焼いていきます。


いつものように魔法のフライパンを弱火で温め、


煙が出るぐらいになったら


オリーブオイルを大さじ1ぐらい入れます。


火を止めて、ちょっと時間をおいたら火をつけます。


弱火にして、帆立の貝柱とお団子たちを焼いていきます。


お団子は片面に焼き色がつくまではさわりません。


途中でさわると鍋肌に引っ付いて崩れてしまいます。


片面が焼けたら、ひっくり返して反対側も焼きます。


帆立の貝柱はお刺身用を使いますから、焼きすぎないようにして下さい。


 

 



 

出来上がりです。って、ない!ない!

あ~あ~‼ どうしょう・・・やっちゃいました😢


魔法のフライパンでホタテとお団子、焼いてる写真を撮るのを


忘れてしまいました。


 



ショックで、引きずってます。。。

付け合わせを盛り付け


薬味のねぎをのせてバルサミコソースをかけて出来上がりです。


何故、里芋とパルメザンチーズを混ぜるときに、「ねりねりしないでください。」

と言った理由ですが、帆立の貝柱がホロホロほどけるような食感に対して里芋団子も

ほどけやすくしないと食べにくいと感じたからです。

好みですが、どちらも美味しいと思います。

是非、ご感想をお聞かせください。

『ジャガイモのアンチョビマヨ和えの肉巻き』

 

今回は魔法のフライパンで作る、オリジナルレシピ!


 

 


 

『ジャガイモのアンチョビマヨ和えの肉巻き』考えてみました。



【材料は2人分】


豚肩ロース薄切り肉    12枚


ジャガイモ        200g


アスパラガス       2本


塩、コショウ       適量


オリーブオイル      適量


(アンチョビマヨ)


アンチョビ        20g


ツナ缶          50g


マヨネーズ        120g


 


野菜の下ごしらえします。


 




ブロッコリー適量とアスパラガス2本は洗って、


ブロッコリーは適当な大きさに切ります。


アスパラガスはピーラーで穂先の下辺りから根元の2cm手前までむきます。


皮を剝いた境目の部分は簡単にポキンと折れます。やってみてください。


それを4等分に切ります。


 




フライパンに水を適量入れて沸騰させ、塩を少量入れてブロッコリーと


アスパラガスをフライパンに入れ、茹であがったらざるにあげて、


水分をきっておきます。



次にジャガイモに混ぜるアンチョビマヨを作ります。


アンチョビ20g(チューブのアンチョビペーストが便利です。)


マヨネーズ120g 


ツナ缶50g  を、混ぜ合わせます。


ジャガイモを耐熱容器にのせてラップしてレンジで7~8分チンします。


 




ほぐしたジャガイモ200gにアンチョビマヨ40mlを混ぜて


味を確認してから、塩、こしょうをし、6等分にします。


この時アンチョビマヨの 味感を残したい場合 は 練りすぎない


でください


たねがまとまりにくい場合は 牛乳大さじ2 ぐらい入れるとまとまりやすいです。

 




6等分にしたたねを丸めて小判のように平らにしてアスパラに


巻き付けていきます。アスパラが中心 にあればOK。


やッと、団子状のものを肉で巻きます。


 




肉は豚肩ロースの薄切り肉を、団子状1個につき2枚を少し重ねて広げて塩、


こしょうして巻いていきます。端も巻き込んで下さい。


魔法のフライパンを弱火で温め、煙が出るぐらいになったらオリーブオイルを


大さじ1程度入れて火を止めます。ちょっと時間おいて再度火をつけて温まったら、


肉巻きを並べます。火力は弱火で じっくり焼いて ください。


 




焼目が全体につくようにトングで徐々に向きを変えて焼いてください。


全体に焼目付いたら完成。


 



えへへ。ちょっと焼きすぎちゃいましたが、


付け合わせのブロッコリーにアンチョビマヨをつけて出来上がりです。


肉巻きには味がしっかりついていますのでソースはいりません。


写真が下手ですみません。これから頑張ります。


 

肉のうまみとジャガイモのほくほく感と


アンチョビマヨがいいアクセントになって美味しい。


 

みんなの感想は  美味しかった!!!ほっとして 嬉しいです。


料理は食べてくれる人が美味しいって言ってくれるだけで幸せになれますね。


残ったアンチョビマヨは、レモン汁適量を混ぜて魚フライにかけて食べて下さい。


シンプルに美味しいですヨ。


キュッと締まる蓋付きビンに詰めて冷蔵庫で2週間ぐらいもちます。


(でも早めに食べきった方がいいと思います。)


 

 

下記のランキングに参加しています。
よろしければクリックしてください♪

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
  • レシピブログのランキングに参加中